NOEVIR GROUP

化粧品 OEM ・医薬部外品 OEMは 「安心」と「信頼」の株式会社ボナンザへ

BONANZA

  • ボナンザとは?
    • 受託製造化粧品ラインナップ
    • 開発の流れ
  • 製造・品質管理について
  • 研究・開発について
  • これまでの受託例
    • 新規で化粧品事業を始められる方
    • 具体的なお悩みをお持ちの方
  • 企業情報

トップ研究・開発について

研究・開発について ABOUT R&D

  • 〈 グループ総合研究所 〉
  • 〈 南大東島海洋研究所 〉
  • 〈 鈴鹿高山植物研究所 〉

ノエビアグループには、グループ総合研究所の他に、南大東島海洋研究所や鈴鹿高山植物研究所などの研究施設を保有しています。広域にわたるこれらの研究所が連携し、素材の探索および有効性評価から、使い心地にこだわった安心・安全な製品の開発まで、一貫した体制で研究をおこなっています。あらゆる分野の知識・技術に精通した研究員が、消費者ニーズに応じた多種多様な魅力あふれる製品を開発し、化粧品市場に送り出しています。

安定性試験

市販後お客様の手元に届くまでに予想される、様々な環境条件を想定した安定性評価をおこなっています。安定性の評価では、開発した商品をより短期間で評価するために、各種の環境下に一定期間保管し観察します。その後、測定機器を用いた物性の評価と性状・色・臭気・使用感等の官能評価を実施し、厳しい基準に合致した開発品だけが製品化されるしくみになっています。

安全性試験

安心・安全という確かな品質を提供するために、当社独自の厳しい安全性試験をおこなっています。抗菌力試験・パッチテストでは、最適な抗菌成分の配合と皮膚への刺激性を検証することによって、高品質でお肌に極力刺激のない商品の開発に努めています。また、チングリング試験、実使用試験、細胞毒性試験等のノウハウも数多く蓄積されており、信頼性の高い製品を供給しています。

知財・薬事管理

知的財産とは、知的創造活動によって生じた無形の財産です。当社では、研究成果によって生み出された数々の知的財産を管理・特許権利化し、商品の付加価値を高めるよう努めています。また、化粧品・医薬部外品は使用する人の健康を害さないよう、薬事法で細かく規制されています。開発された製品の内容成分や表示内容が法令を遵守しているかどうかを確認し、法令に沿った薬事申請及び申請のサポートもおこなっています。

有用性評価試験

商品の効果感を評価する試験を行うことができます。
抗シワ評価、美白評価、毛穴・抗アクネ評価、たるみ評価、血行評価、保湿評価等を実施することで、化粧品の有用性を数値や画像によって確認することができます。

計測・分析・試作機器

  • 〈 3次元計測器 〉
  • 〈 全顔撮影装置 〉
  • 〈 液体クロマトグラフ 〉
  • 〈 肌弾力測定装置 〉
  • 〈 核磁気共鳴装置 〉
  • 〈 ガスクロマトグラフ 〉
  • 〈 マイクロスコープ 〉
  • 〈 高圧乳化機 〉
  • 〈 全顔撮影装置 〉
  • 〈 皮脂分泌量測定器 〉
  • 〈 粒子分布計 〉
  • 〈 液体クロマトグラフ 〉
  • 〈 研究所風景 〉
  • 〈 研究所風景 〉
  • 〈 研究所風景 〉
  • 〈 研究所風景 〉

PAGE TOP